修繕工事を行う場合は、プロの修繕工事コンサルティング業者に
依頼することをお勧めします。

そして業者の選定は、成功報酬で、経費削減できた費用の
パーセンテージという業者を選定しましょう。

コンサルティング業者はクライアントの修繕工事を場当たり的ではなく、
付加価値を踏まえて全力で行ってくれます。

さらに、クライアントの利益が可能な限り最大限残るようにしてくれます。

なぜかというと、クライアントの利益が、
修繕工事のコンサルティング業者の費用に関わってくるからです。

クライアントの利益がなければ、コンサルティング業者の利益もありません。

ですから、最大限低価格で修繕工事が行えます。

さらに、工事後の防水10年保障などがあれば理想的です。

保障をつけるということは、修繕工事の内容に自信があるということです。

修繕工事のコンサルティング業者に依頼すれば、
格安で修繕工事ができ、品質も保証される。

まさに一石二鳥ですね。