賢い修繕工事とは、いかに経費を掛けず、
かつハイグレードな修繕工事をするかという事です。

10年~15年ごとに行われる修繕工事は、
施工会社に丸投げして行うか、修繕工事のコンサルタント業者に注文するかによって、
総工事費に大きな差がでます。

修繕工事費は費用もそれなりに高額ですし、何よりマンションなど場合は、
区分所有者の一人一人が、支払うことになり、一戸建てなら持ち主が、
アパートなら大家さんが支払うことになりますね。

となると、経費を削減できればできるほど、手元にお金が残ります。

大半の方は修繕工事を行うとなると、施工会社に、
つまり工事を行う会社に知り合いの紹介などで依頼すると思います。

施工会社に依頼場合、まず基本的に工事価格が高いです。

依頼主は基礎的な知識もなく、提示された金額が高いのかもわかりません。

そうなると、他の業者からも見積もりを取り
「5万安いからこっちの業者に依頼しよう、だいたいこの金額が相場だろう」
と思い安く提示した業者に依頼します。

普通はこれが正解です。

余程のつてがない限り、格安の修繕工事はできないと思います。

ですが最近では、修繕工事を格安で行えるように
コンサルティングするという業者があるのをご存じでしょうか?

同じ内容の工事を仲介することで、工事価格を半額にしてしまい、
コンサル料も削減できた価格からパーセンテージで頂くというシステムになっており、
大変効率的な修繕工事が可能になります。

修繕工事を行う際は、是非依頼してみることをお勧めします。